ハラスメント推進対策室

ハラスメントとは

九州大学では、セクシュアル・ハラスメント及びこれに類する人としての尊厳を侵害する行為を「ハラスメント」と定義しています。「これに類する人としての尊厳を侵害する行為」とは、教職員、学生、関係者間等の上下又は力関係等を利用して行われる、相手方を不快にさせる不当な言動(パワー・ハラスメント、アカデミック・ハラスメント)などをいいます。


セクシュアル・ハラスメント

セクシュアル・ハラスメントとは、行為者の意図に関わらず、他者を不快にさせる性的な言動のことです。

  • ●「単位をあげる」「昇進させる」を条件に交際を強要し、誘いを断ると、成績や評価で不当な扱いをする。
  • ● 不必要に身体に接触し、それを拒否されると怒ったり、嫌がらせをしたりする。
  • ● 相手が嫌がっているにも関わらず、性的な冗談を繰り返したり、性的経験を話すよう強要する。
  • ● 「女性は・・・」、「男のくせに・・・」など性別に関するステレオタイプ的な発言をする。
  • ● 性的指向や性自認が周りと異なるのは、精神的に障害があるから、あるいは本人に問題があるからなどの発言をする。

パワー・ハラスメント、アカデミック・ハラスメント

パワー・ハラスメントとは、大学における地位(パワー)や影響力を利用して、嫌がらせなどの言動を繰り返すことを指します。それが、教育・研究に関わるときにはアカデミック・ハラスメントと言います。

(1)パワー・ハラスメントの例

  • ●「バカ」「やめてしまえ」「おまえなんかいらない」「役立たず」等の人格を否定するような発言を繰り返す。
  • ● 人事上の権限をほのめかし、不利益を与えるなどの言動をする。
  • ● 業務を遂行する上で必要な情報を故意に与えない、もしくは業務に支障が出るほどに指示を遅らせる。
  • ● 極端に長い時間働くことや休日出勤を強要する。

(2)アカデミック・ハラスメントの例

  • ● 教員が特定の学生に対してだけ研究指導をしない、もしくは、過度に厳しく指導する。
  • ● ゼミやセミナーなどの人前で罵倒したり、「君はいくら言ってもダメだね」、「無能だ」など、人格を否定するような発言を繰り返す。
  • ● 学生の卒業や就職の妨害をする。正当な理由なく単位を与えない。
  • ● 正当な理由なく、不利なかたちで論文著者名を変更したり、研究チームから除外する。
  • ● 深夜、休日まで極端に拘束し、研究を押し付ける。

妊娠・出産・育児休業・介護休業を理由とするハラスメント

妊娠・出産・育児休業・介護休業を理由とするハラスメントとは、妊娠又は出産に関する制度又は措置の利用に関する言動により、就業環境が害されるもの、育児休業・介護休業等の利用に関する言動により就業環境が害されるもの、妊娠したこと、出産したことその他の妊娠又は出産に関する言動により就業環境が害されるもの、が挙げられます。

(1)制度等の利用への嫌がらせ型の例

  • ● 産前休業の取得について相談を受けた上司が、「休みをとるなら辞めてもらう」などと発言する。
  • ● 育児休業の取得について相談を受けた上司が、「男のくせに育児休業をとることはあり得ない」などと発言する。
  • ● 介護休業について請求する旨伝えた職員に対し、同僚等が「自分なら請求しない。あなたもそうすべき」と繰り返し何度も発言する。
  • ● 上司・同僚等が、短時間勤務制度を利用している職員に対し、「周りのことを考えていない。迷惑だ」などと繰り返し何度も発言する。

(2)妊娠したこと、出産したこと等、状態への嫌がらせ型の例

  • ● 上司が、妊娠を報告した職員に対し、「他の人を雇うので辞めてもらうしかない」などと発言する。
  • ● 上司・同僚等が、「妊婦はいつ休むか分からないから仕事を任せられない」などと繰り返し発言する。実際に仕事をさせない状態にする、またはそのような状態になっている。

その他のハラスメント

上記のハラスメント以外にも、教育・研究・就業とは離れた場でのハラスメントが考えられます。

  • ● 職務上知り得た個人情報や、事実無根の噂を流す。
  • ● 自分の私生活や私的な活動への協力を強要する。
  • ● 不正行為に加担させる。
  • ● 不当な仲間外れ、いじめなどをする。
  • ● 飲み会の席で、飲酒を強要する。